自家源泉 湯元 能登輪島温泉
国際観光ホテル整備法 登録旅館 登旅1405号

〒928-8588 石川県輪島市塚田町2-31-6
予約直通フリーダイヤル 0120-23-2432 TEL 0768-22-8888(代) FAX 0768-22-7010

ホテル高州園トップページに戻る まごころの宿 ホテル高州園 ホテル高州園トップページに戻る
 
   輪島から曽々木   珠洲から能登島   

仁江海岸 鯖尾岩
   

曽々木海岸に続く海岸。流紋岩や角礫岩が日本海の荒波に侵蝕されて天然の造形美を創り出している。帆立岩・千畳敷・鯖尾岩などがある。

 

落日の景観が世界観光ポスター展で最優秀賞に選ばれた。


仁江海岸の夕暮れ
揚げ浜塩田  

能登の製塩業は歴史も古く、藩政時代に加賀藩の有力財源としてこれを奨励し盛んにした。揚浜式塩田で、海水をくみあげ散布する方法をとった。今は廃絶しているが、観光資源として珠洲市仁江町に1ヶ所残されている。


外浦ラケット道路
木の浦海岸
禄剛崎灯台

珠洲市木の浦から高屋港に続く九十九折りの下り坂道路。木の浦の展望台から輪島崎までの海岸一帯を眺望できるし、海上に浮かぶ七ツ島を見ることもできる。このあたりは岩椿の群棲地として俗に千本椿と呼ばれる名所である。波をはむ徳保崎が足の下にあり、道路沿いの岩石が箱庭のように配される。


金剛崎

禄剛崎の断崖の上に立てられた白亜の灯台である。明治16年、フランス人の設計による石造円形の洋式灯台。ここは風が強く、風岬ともいわれた。


禄剛崎

能登半島の外浦と内浦の分岐点に当たる。狼煙海岸から珠洲市寺家の海岸を金剛崎という。能登二見・姫島・鬼島・神島など能登の神神のいくさ伝説もあり、義経の舟隠しの奇岩もある。ドーム状にそそり立つ山伏山へは遊歩道をつたって登山気分にひたることができる。山伏山はアカガシタモ、シイなどの古木が茂る神の山である。

 輪島から曽々木     珠洲から能登島 

ホーム | ご予約 | 客室のご案内ご宿泊プランのご案内 | 館内のご案内 | 交通のご案内 | 能登半島のご紹介

 

FlashPlayerのインストール


  東京営業所/TEL:03-5318-4126 FAX:03-5318-4127
大阪営業所/TEL:06-6304-0546 FAX:06-6304-0564
© 2017 石川県輪島市  能登半島輪島の温泉旅館 ホテル高州園 All rights reserved.